片付けのコツは捨てること

片付けが苦手と言う人は多いでしょう。毎日やるには時間がなかったり、何をどうやって片付けたら良いのかわからない人も少なくありません。片付けをするにはいくつかのポイントが重要になってきます。まず一番大切なのは、思い切って捨てる勇気を持つことです。いくら収納家具などに詰めても、物が多いと言うだけで圧迫感が出てしまいます。物が多いと、その分の収納も必要になるので、余計にゴチャ付きやすくなります。使わないものは思い切って捨ててみてください。なかなか物を捨てられない人は意外といるはずです。1年使わなかったら捨てる、などと区切りをつけるのも一つの目安になります。本格的な片付けがスタートしたら、できるだけ床に物を置かない部屋作りをします。バッグや帽子や上着は壁にかける収納が良いです。見える床の範囲が広いほど部屋が片付いて綺麗に見えるのです。床に物を置くことで生活感が一気に出るので、掃除のポイントとして覚えておきましょう。はさみ・ペン・輪ゴムなどの文具や、ヘアピン・化粧品などの小物類は、小さな収納ボックスに小分けして入れたり、引き出しを区切っての収納がおすすめです。使ったらついそのまま置き去りにしてしまいそうな小物ですが、きちんと物の定位置を決めることで整理整頓できるのです。クローゼットの内側にポケット収納を作ったり、ベッド下にキャスターで動かせる収納場所を作ったり、隙間を上手に活用すると、収納できる幅も広がります。どこに入れるにしても、ぎゅうぎゅうに入れずに余裕を持って収納してください。余白があることでスッキリ感も違ってきます。細かい作業が好きな人はDIYで収納場所を作ることで、楽しい片付けにつながるでしょう。このように余分なものは勇気を持って捨てたり、所定位置を決めるだけで随分と部屋の雰囲気が変わるはずです。片付けは溜め込んでしまうとより大変になります。毎日一か所ずつなど、細かく分けて片づけるのも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました